menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. イベント用テント設営のコツ
  2. キャラクターショーの告知・宣伝は面倒!
  3. イベントでキャラクターショーを実施する方法
  4. イベントで使う発電機の種類
  5. イベント雑学~意外と知らない電気の計算方法~
  6. イベントに欠かせないステージの設置
  7. 広告代理店はイベント会社ではない。
  8. イベントに芸能人に出演してもらうには【お笑い芸人編】
  9. イベントに芸能人に出演してもらうには【アーティスト編】
  10. イベント当日が晴れとは限らない!天候によるリスクを考える。
閉じる

イベント創ろう!イベントノウハウ

良いイベント会社を見極めるポイント。イベント企画運営を任せるならこんな会社に頼もう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
良いイベント会社

イベント会社といっても専門分野や得意分野、また対応できるイベント規模など形態が様々ですが、
企画運営をイベント会社に依頼する場合、これだけは押さえておきたいというポイントをリストアップします。

イベントの実績がたくさんある

これは当然のことですが、多くの実績があればそれだけイベントのノウハウが蓄えられています。
ホームページなどでこれまでどんなイベントを企画運営した実績があるのかを確認して、これから依頼するイベントがその会社の専門性や対応力に合っているかを見極めましょう。

モノを持っている

「モノ」とはつまり、イベントに使う道具です。ステージやテント、音響照明機材などの大きなものから、細かいものでは着ぐるみや抽選機までイベントツールには膨大な種類がありますが、イベント会社が自社でどれだけモノを持っているかはとても重要です。
まず価格での面ですが、当然イベント会社が自前で持っていない機材を使用しなければいけない場合、別途レンタル業者から仕込まなければいけないのでその分価格が高くなります。またイベントツールに限らず運搬車両などについても同じで、その都度レンタカーを借りて運搬するような会社はそれだけ高上がりです。
さらに自前で道具を持っているイベント会社はその道具についての知識や技術もありますので当然仕事が速いです。
またトラブル時の対応も迅速にできるというメリットがありますので、なるべくモノをたくさん持っているイベント会社を探しましょう。

頼れる人、仕切れる人がいる

これも当然と言えば当然ですが、やはりイベントは本番1発勝負ですので瞬時に的確な判断を下せる人が現場を仕切らなければイベントは成功しません。
またその他のスタッフについても大多数を派遣のアルバイトで賄うような会社はできれば避けましょう。
イベントが大規模になれば派遣バイトさんを使う場合も多々ありますが、それを束ねる人間がきちんと必要数配置されるのかを確認しましょう。
わからない事があるたびに誰かに電話をして確認しているようなスタッフが仕切っても意味がありません。

問い合わせに対するレスポンスが早い

イベント企画運営にとってスケジュールはとても重要です。1日遅れで会場が押さえられなくなるといったこともあるからです。
まずイベント会社を選ぶにあたって最初に電話やメールでの問い合わせをすることがほとんどだと思います。
電話であればその場で問い合わせについてきちんと相談に乗ってくれ、サクッとラフな提案まで出してくる会社は良い会社です。
担当者が不在であってもすぐに折り返し連絡がきたり、メールでの問い合わせでも1~2日の間に返答がくるような会社を選びましょう。
そのレスポンスの速さが、その後の見積り提出や打ち合わせ対応などのスピードに比例しますので結構大切なポイントです。

ネガティブな情報を隠さない

イベント会社がイベントのプロでも、失敗は必ずあるはずです。
その失敗を失敗談として話してくれる会社はそれだけトラブルへの対応力が高いといえます。
その失敗をオープンにできない会社は「また同じ失敗をしてしまうかもしれない」という不安から伏せる傾向にあると思います。
つまり、失敗から学んでいないということです。
また、たとえあなたがイベント会社にとって「お客様」であっても、きちんとあなたに注意・アドバイスをしてくれる会社がベストです。
「お客様」の見立てが間違っている、それをやったら危険だ。をきちんと指摘してもらえることでイベントの成功率がアップしますし信頼関係も築けます。
ただただ「お客様」の言いなりになり、YESしかいえないイベント会社は、ある意味気をつけたほうがいいということです。


上記のようにいくつかのポイントがありますが、まずは問い合わせをしてイベント会社の雰囲気を確かめることからだと思います。
また、そのイベント会社に依頼したことのある別の企業などにコネクションがあれば評判を聞いてみるのも良いでしょう。

以上、今回思いつくだけのポイントを書き出しました。

関連記事

  1. 広告代理店

    広告代理店はイベント会社ではない。

スポンサーリンク

イベントとひとことでいっても結婚式の2次会のようなパーティー形式のものから地元の神社や商店街で行うお祭りのような小中規模のもの、複数企業が集まって大きな会場で行う大規模なものまで様々な形態があります。当サイトでは、様々な形態のイベントを企画~運営するにあたって必要なノウハウや便利な情報を発信できたらと思っています。

ピックアップ記事

  1. イベント用集会テント
  2. キャラクターショー告知物製作
  3. キャラクターショー
  4. 業務用発電機
  5. 電気の計算
2019年9月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る